志望理由

志望動機の書き方は新卒面接と中途採用面接では違う!?そのポイントとは??

投稿日:

新卒採用と中途採用とでは明らかに面接官が見るポイントが違います。

その理由は、中途採用者の場合、過去の実績、経験やその人が持っている専門的な資格を求めて採用するという点にあります。

 

企業はどこも人手不足に悩んでいます。

あえて新卒ではなく社会経験がある中途採用であるからこそ、採用する側の会社としては、その人が「出来ること」に対して強い関心が向けられていることが多いです。

 

中途採用者が志望動機を書く際のポイントは、自分を採用したら相手の企業にとってどんなことに貢献できるか、どんなメリットが与えられるかについて自分の経験も交えて具体的に書くと、強い印象を与えることが出来ます。

 

また、その中で会社が求めている点を志望動機の中に記述することで、採用担当者の目に留まりやすくなります。

 

志望動機に記述した自分が貢献できる項目が理に適っていて、且つ採用する企業にとってメリットを感じる事が出来れば、会社の即戦力として「この人はこういう働き方が出来るのか。であれば、あの部署に…」と思ってくれる確率が高まります。

 

その為には、その会社が行っている仕事内容などを会社のホームページ、直近のニュースをチェックする事や転職エージェントから話を聞くなどをして、きちんと企業情報を把握したうえで志望動機を書いているのであれば、さらに採用担当者からの評価が高まります。

 

転職を希望している人(中途採用者)に対しては、ほとんどの企業が、前の会社を辞めた、あるいは辞めたくなった事情を問います。

ここで注意が必要なのは、退職理由を答える際に前の会社や職場の人間関係などに対して採用担当者が納得できない批判的な内容を言ってしまい、評価を下げてしまう可能性がある事です。

 

本来は、次の就職先に向けてのスキルアップといった前向きな理由であることが理想的な内容です。

採用担当者が、面接の際に退職理由を聞く背景には退職理由と志望動機には密接な関わりがある点も理解しておく必要があります。

 

退職した理由がスキルアップがしたいからだとすると、志望動機の一つにはそのスキルアップに関することが書かれていなければなりません。

 

退職理由すべてを志望動機に関連付ける必要はありませんが、志望動機を考える際には考慮すべき大切な点になりますので、今一度振り返りを行い、なぜ自分が転職したいのか、それはどういう理由なのか、それは誰にとっても納得がいく、説明できる内容なのか見直してみると良いと思います。

-志望理由

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

給料を理由に転職したいと考えた場合にどうしたら良いか?

転職をしようと思う人には、それぞれその人が思うなりの事情があると思います。 いま転職を考えている人は、仕事を辞める理由について、自分自身のことではありますが、よく整理しておく必要があります。 &nbs …