志望理由

給料を理由に転職したいと考えた場合にどうしたら良いか?

投稿日:

転職をしようと思う人には、それぞれその人が思うなりの事情があると思います。

いま転職を考えている人は、仕事を辞める理由について、自分自身のことではありますが、よく整理しておく必要があります。

 

社内の雰囲気がやりづらかったり、嫌いな上司や社員がいたり、仕事が向かないと感じたり、やりがいが見つけられなかったり、やめたい理由は各人千差万別です。

 

その中で転職したいけれども面と向かって言いづらい大きな理由が「給料」です。

当然、今の仕事では給料が安いままであることが、転職を決めたきっかけだという人もいます。

 

やはり生活していく上でお金は絶対に必要なので、仕事が出来れば給料の額はいくらでもいいという訳にはいきません。

 

ですが、ただ給与面だけが不満だというのなら、折り合いがつかないか一度自分なりに考え直してみるのもいいでしょう。

 

経済情勢が低迷している昨今では、そう簡単に仕事を移り歩くわけにはいかないのが事実です。

キャリアを変えてベースアップ出来れば良いですが、このまま現在の会社で我慢すれば昇進や昇給の機会が待っているかもしれません。

自社の人事・総務部などに自社のキャリアパスについて疑問に思っている事を問い合わせてみるのも良いでしょう。

また、その前の段階で自分が配属されている上長にざっくばらんに話を聞いてみるというのも良いかもしれません。

 

別のアプローチ方法ですが、何か必要以上にお金がかかり過ぎている事がないか、家計の支出を細かくチェックしてみるという事も有効なケースもあります。

場当たり的にお金を使っていれば、いざという時にお金がないという事になりかねません。

もしも、過剰にたくさんお金が出ていく出来事があるのなら、それを取り除かないと、いつまでも現状は変わりません。

その場合は、原因は今の職場、あるいは給料ではないかもしれません。

今一度振り返ってみて、それでも日常生活に支障が出るようなら、その時になってはじめて、転職を考えてみるようにしましょう。

自信の生活習慣、例えば食事や、生活サイクルを見直した結果、現在の収入でもやりくりができて問題が解決されるケースもあるはずです。

-志望理由

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

志望動機の書き方は新卒面接と中途採用面接では違う!?そのポイントとは??

新卒採用と中途採用とでは明らかに面接官が見るポイントが違います。 その理由は、中途採用者の場合、過去の実績、経験やその人が持っている専門的な資格を求めて採用するという点にあります。   企業 …